pagename_03-2.jpg

レーザー治療とは…

 レーザー治療とは、患部にレーザーを照射して治療します。
レーザー治療は、1.処置が簡単、2.ほとんど痛みのない治療が可能、3.治療効果が現れるのが早く、局所麻酔をほとんど使用しないで治療を行うことが可能、などのメリットがあります。またレーザーは出血せずに悪いところを除去するだけでなく、痛みを和らげたり腫れをおさえ、傷の治りを早くする効果もあります。


レーザー治療は、こんな症状に効果があります

虫歯予防と治療法

laser01.jpg

歯ブラシの届かない複雑な歯の溝も、レーザー照射し、その熱エネルギーで虫歯菌を除去できます。またこれによって歯の耐酸性が向上し、虫歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透し易くなります。

知覚過敏

冷たい水がしみたり、歯ブラシが当たると痛みを感じることがあります。これは知覚過敏といって、歯肉が下がり、歯の根が露出するために起こる現象です。こんなときレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができ、歯の神経を保護するので、痛みやしみることを防ぐことが出来ます。

歯周病

laser02.jpg
歯肉の腫れや歯肉の出血などの歯周病。そのまま放っておくと、歯が抜けてしまうこともあります。従来からの治療法レーザー治療を併用することで、大きな効果をあげています。

歯肉の黒ずみ

laser03.jpg
健康な人の歯茎はピンク色をしていますが、時には歯茎の一部が黒ずむ場合があります。レーザーを数回照射することにより、気になる黒ずみを取り除くことができます。

口内炎

頬の内側などにできる口内炎。食べ物や飲み物がしみたり、痛みを感じたり、とても不快なものです。口内炎に対してもレーザーを照射することによって痛みが軽減され、治癒期間も短縮されます。









▼MENU

Q :痛くないのですか?

ほとんど痛みは感じません。特にNd:YAGレーザーは、無痛に最も近い治療と言われていて、研究機関などの実験でも立証されています

Q :安全なのですか?

レーザー治療は安全で副作用も少なく、妊娠中の方、高血圧・心臓病の方、ペースメーカーを使用されている方でも、当院での適切な治療・指導のもとで、安心して処置を受けていただくことができます。

Q :口を大きく開けると痛い
  症状に効果がありますか?

口を大きく開けると痛い、口を大きく開けられないといった症状はアゴの関節に原因があります。レーザーをアゴの関節に照射することによって、アゴの痛みなどの症状を軽減することができます。